FC2ブログ

トクサ(木賊) 


トクサ1z



トクサ2z



トクサ3z



トクサ4z


トクサ(木賊 又は 砥草)
栽培種

分類 : トクサ科トクサ属  常緑シダ(羊歯)植物
学名 : Equisetum hyemale
分布 : 本州(中部地方以北)~北海道
  陽当たりのいい渓流沿いなどの湿地。
特徴 : スギナの仲間で、地下茎から伸びた地上茎は直立し
  草丈は60~100cmほど。
  茎の表面に30本ほどの縦溝が走り、径5~7mmで中空。
  3~4cmごとに節があり、退化した黒い葉が鞘状に輪生します。
  茎先に長楕円形の胞子嚢穂(ほうしのうすい)をつけます。

名前の由来 : 紙やすり代わりに使用したことから「砥ぐ草」の意で
  「木賊」は漢名の当て字。

メモ=茎にはケイ酸を含み、表面には縦溝があり、ざらつくので
  かつては工芸品の研磨剤として用いられていたそうです。
  今でも高級ツゲ櫛(くし)や漆器の木加工などに使われているそうです。
  また、観賞用として植えられたり、生け花の素材として用いられているとか。



スポンサーサイト

Posted on 2018/06/15 Fri. 10:00 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« アカメガシワ(赤芽槲)  |  クロガネモチ(黒鉄黐) »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2018-08