FC2ブログ

シロオビアワフキ(白帯泡吹虫) 幼虫 



アワフキムシ1z
この泡の中に幼虫が1~数匹入っています。


泡を除いて中の幼虫を写しました。
アワフキムシ2z



アワフキムシ3z



アワフキムシ4z


シロオビアワフキ(白帯泡吹虫)幼虫

分類 : カメムシ(半翅)目カメムシ科
幼虫の体長 : 7~8mm
成虫の体長 : 11mm前後
分布 : 北海道~四国・九州
特徴 : 成虫は灰褐色で、前翅に白帯が入る。
  幼虫は頭部~胸部は黒色、腹部は赤色。
  バラ、ヤナギ、クワなどの木の液汁を吸います。
  幼虫は尾端から排泄された粘液を出して腹部を伸縮させ
  空気を送って泡を作り、成虫になるまでこの泡の中で育ち
  成虫は泡を作ることはないそうです。

名前の由来 : 幼虫が泡を作り、その中で成虫になるまで暮らすから。




スポンサーサイト

Posted on 2018/06/08 Fri. 10:00 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« キハダカニグモ(木肌蟹蜘蛛)  |  ライスフラワー »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2018-10