FC2ブログ

フェイジョア 



フェイジョア18-1z



フェイジョア18-2z



フェイジョア18-3z



フェイジョア18-4z


フェイジョア(学名読み)
パイナップルグァバ 

分類 : フトモモ科アッカ(フェイジョア)属  常緑小低木
学名 : Acca sellowiana (=Feijoa sellowiana)
原産国 : 南米(ウルグアイ パラグアイ ブラジル南部)
特徴 : 手入れしないままだと樹高は5~6m。
  葉の長さ5~7cmの卵状楕円形、表面は光沢があり
  裏面は綿毛が密生して白く見える。
  花径は3~5cmで花弁は厚く、外側は白色、内側は紫紅色で内巻きに巻き込む。
  花弁より鮮紅色のオシベが目立つ花です。
  果実は秋に熟れ、果皮は緑色をした長さ5cm前後の球状の楕円形。
  果肉はパイナップルのような香りがあり、生食やジャムなどにするそうです。

名前の由来 : 英名の feijpa の音読みであり、別名の学名読みでもあります。
  学名のアッカは、古代ヘブライ語の「熱い砂」の意だそうで
  別学名のフェイジョアは、ポルトガルの博物学者フェイジョさんの名前から。
  別名のパイナップルグァバは、果実がパイナップルの香り、花がグァバに似ることから。



データは2012年6月投稿記事に加筆修正しました。



スポンサーサイト

Posted on 2018/06/06 Wed. 10:00 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« ライスフラワー  |  セマダラコガネ(背斑黄金虫) »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2018-10