パセリ 



パセリ18-1z



パセリ18-2z



パセリ18-3z


パセリ
オランダゼリ(和蘭芹)  
カーリーパセリ

分類 : セリ科オランダゼリ属  2年草
学名 : Petroselinum crispum
原産地 : 地中海沿岸
特徴 : 茎はよく枝分かれして、草丈15~25cmになる。
  直径5cmほどの散状花序(傘状に集まった小花)は緑がかったクリーム色で
  一つの花の大きさは2~3mmと小さい。
  春に蒔いた種は翌年の夏に花、種子を付け、そして枯れます。
  耐暑性、耐寒性があり、家庭菜園向きのハーブ(野菜)です。
  但し、乾燥にはやや弱く、連作を嫌うようです。
名前の由来 : 英名のParsley(パースリー)からの転訛といわれています。

メモ=ヨーロッパでは、儀式用や薬用として紀元前から栽培されていたそうです。
  日本には18世紀にオランダ人が持ち込み
  長崎で栽培されたのが始まりといわれています。
  葉には多くのビタミンを含み、食物繊維や葉緑素などを含んでいるといわれていますが
  料理の飾りとして使われことが多く、食べられることの少ないハーブ(野菜)です。
  日本では縮(ちぢ)れた葉のパセリが一般的ですが
  ヨーロッパでは縮(ちぢ)れない葉のイタリアンパセリが好まれるそうです。



データなどは2012年6月投稿記事からの転載です。
 但し、名前の由来のみを書き足しました。



スポンサーサイト

Posted on 2018/05/31 Thu. 10:00 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« ツバメズイセン(燕水仙)  |  コバノズイナ(小葉の髄菜) »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2018-06