FC2ブログ

コバノズイナ(小葉の髄菜) 



コバズイナ18-1z



コバズイナ18-4z



コバズイナ18-2z


コバノズイナ(小葉の髄菜)
アメリカズイナ(亜米利加髄菜)   
ヒメリョウブ(姫令法)

分類 : ユキノシタ(ズイナ)科ズイナ属  落葉低木
学名 : Itea virginica
原産地 : 北アメリカ南東部
特徴 : 樹高1~1.5m。
  葉は卵状長楕円形の長さ3~10cm、幅1~4cm。
  花は枝先に付き、長い花柄に小さな花がブラシ状にいっぱい咲きます。
  花穂の長さは約10cm、一つの花の大きさは5mmほど。

名前の由来 : 近畿地方以西~九州に自生するズイナ(髄菜)より小形の葉であることから。
  ズイナとは、幹や枝の柔らかい部分(=髄)を灯心に使い
  若葉を食用にしたことから付いた名前。
  別名のヒメリョウブは、花の姿がリョウブに似て小さいことから。

メモ=日本に渡来したのは明治時代で
  主に庭木やシンボルツリー、盆栽として栽培され
  秋の紅葉も美しいそうです。




データなどは2012年5月投稿記事に加筆修正しました。



スポンサーサイト

Posted on 2018/05/30 Wed. 10:00 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« パセリ  |  プリペット »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2018-10