FC2ブログ

ニオイバンマツリ(匂蕃茉莉) 



バンマツリ18-1z



バンマツリ18-2z



バンマツリ18-3z



バンマツリ18-5z


ニオイバンマツリ(匂蕃茉莉)

分類 : ナス科バンマツリ属  半耐寒性常緑低木
学名 : Brunfelsia australis
原産地 : 熱帯アメリカ
特徴 : 樹高1~2m。
  葉は革質の広楕円形で、長さ5~7cm。 裏に軟毛があります。
  花は筒状で先が平開し、大きさは3~4cm。
  開花した直後は青紫色をしていて、時間の経過と共に退色し、やがて白色になります。
  花には芳香があり、夕方から夜にかけて匂いが強くなるそうです。
  花は5~7月頃に一度咲き、数は少ないけど秋に再度咲くことがあります。

名前の由来 : 原産地が外国で、茉莉花(=ジャスミン)のような匂いがすることから。
  「蕃(ばん)」とは、異国とか外国の意。
  但し、ジャスミンはモクセイ科の樹木です。

メモ=図鑑によれば、花の色が似ている単に「バンマツリ(蕃茉莉)」といわれるものと
  「オオバンマツリ(大蕃茉莉)」といわれるものがあるそうです。
  よく栽培されているのはニオイバンマツリということです。



データなどは2014年5月投稿記事に加筆修正しました。



スポンサーサイト

Posted on 2018/05/24 Thu. 10:00 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« ニワゼキショウ(庭石菖)  |  ダイオウグミ(大王茱萸) »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2018-08