マイマイカブリ(蝸牛被) 


マイマイカブリ2z

歩くのがすばしっこく、カメラで追いかけるのが難しかったので ↑

近くにいた人に掴まえてもらい、写しました。↓

マイマイカブリ5z

掴まえてもらったはいいが、6本の脚をじたばたさせるので
指が痛い痛いというのを我慢してもらい写しました。

マイマイカブリ3z



マイマイカブリ4z



マイマイカブリ6z


マイマイカブリ(蝸牛被 又は 舞舞被)

分類 : 甲虫(鞘翅)目オサムシ科
体長 : 40~60cm
分布 : 北海道~屋久島
  平地や山地の林などで見られる。
特徴 : 日本の代表的な昆虫の一種。
  全体が黒色をしていて、頭部と前胸部は長く伸びる。
  歩くための脚が発達して飛ぶ必要が無くなり
  後翅は退化し、左右の前翅はくっついています。
  ハチやチョウなどのように飛んで移動できないので
  地域的に異なった形態や色彩を持つようになり
  多くの変種が見られ、特に北日本産のものは美しいそうです。
  捕まえると肛門から刺激臭のある液を出します。
  幼虫、成虫ともカタツムリやミミズなどを食べますが
  カタツムリを食べないと産卵しないそうです。

名前の由来 : マイマイとはカタツムリ(蝸牛)の別称で
  カタツムリの殻に頭を突っ込み、発達した大きな顎(あご)で肉を食べる姿が
  殻を被っているように見えることから。




スポンサーサイト

Posted on 2018/04/26 Thu. 10:00 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« ヒラタアオコガネ(扁青黄金虫)  |  スズシロソウ(清白草) »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2018-06