FC2ブログ

ヒメシャリンバイ(姫車輪梅) 



ヒメシャリン1z



ヒメシャリン2z



ヒメシャリン4z



ヒメシャリン5z


ヒメシャリンバイ(姫車輪梅)

分類 : バラ科シャリンバイ属  常緑低木
学名 : Rhephiolepis indica var.umbellata f.minor
分布 : 主に九州~沖縄の海岸付近に分布
特徴 : シャリンバイ(車輪梅)の矮性種で樹高1~3m。
  葉は枝の上部に多く付き、革質の楕円形で表面に光沢があります。
  新芽は赤色をしていて美しいです。
  枝先に白色又は淡紅色の径15mmほどの花が円錐状にかたまって咲きます。
  秋に径10mmほどの球形の実が黒紫色に熟れます。

名前の由来 : シャリンバイより葉、花とも小さいことから。
  シャリンバイとは、梅のような花が房咲きに車輪のように咲くことから。

メモ=シャリンバイと同じように庭木や公園樹、街路樹などに植えられます。
  他に、樹皮などは染料として大島紬の染色に使われるそうです。



スポンサーサイト

Posted on 2018/04/24 Tue. 10:00 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« スズシロソウ(清白草)  |  シバザクラ(芝桜) »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2018-10