ムシトリナデシコ(虫取り撫子) 



ムシトリナデシコ1z



ムシトリナデシコ2z



ムシトリナデシコ3z



ムシトリナデシコ4z


ムシトリナデシコ(虫取り撫子)
コマチソウ(小町草)

分類 : ナデシコ科マンテマ属  1~2年草
学名 : Silene armeria
原産地 : ヨーロッパ
  観賞用として栽培されていたものがこぼれ種で殖え
  温暖な各地の道端や草原、河原などで野草化しています。
特徴 : 野草化しているものの、花が可愛いため、花壇などでも植えられます。
  草全体が粉白色をしていて、草丈30~50cmほど。
  葉は卵形~広い披針形の長さ3~4cmで、茎を抱きます。
  茎先に径1cmほどの5弁花を数個つけます。
  上部の葉の下に粘液を出す帯が1cmほどあります。
  この粘液には消化酵素がないので食虫植物ではありません。

名前の由来 : 茎の粘液に小さな虫が付着するナデシコということから。



スポンサーサイト

Posted on 2018/04/22 Sun. 10:00 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« シバザクラ(芝桜)  |  イロハモミジ(伊呂波紅葉) »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2018-06