2018年春・「やまが桜園」の桜たち…9 



ヒヨドリサクラ18-1z



ヒヨドリサクラ18-2z



ヒヨドリサクラ18-3z



ヒヨドリサクラ18-4z


2018年春・「やまが桜園」の桜たち…9
ヒヨドリザクラ(鵯桜)

菊咲き  中~大輪  濃紅色
江戸時代から登場していた桜だそうで
1916年に記載されて以来絶滅したと思われていたものが
1970年に石川県七尾市の個人邸にあったものが再発見された桜。
菊咲き桜では最も花弁数が多い品種で
花弁数は300~500枚といわれ
菊咲きから段咲きに咲き進み、球状となって垂れ下がる。
あるサクラ図鑑には「外向きにはね上がった花弁はヒヨドリの羽のよう」
と表現されていました。

○品種名は桜の木に添えられている名札に従っています。



スポンサーサイト

Posted on 2018/04/15 Sun. 10:00 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« 2018年春・「やまが桜園」の桜たち…10  |  ボタン(牡丹) »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2018-06