FC2ブログ

トキワイカリソウ(常盤錨草) 



トキワイカリ18-1z
葉は開花とほぼ同時に開きます。
萼は小さな外萼片と内萼片が4枚ずつあり
外萼片(紫色)は開花と同時にはげ落ちます。


トキワイカリ18-2z



トキワイカリ18-4z



トキワイカリ18-6z


トキワイカリソウ(常盤錨草 又は 常盤碇草)
栽培種

分類 : メギ科イカリソウ属  常緑多年草
学名 : Epimedium sempervirens
分布 : 本州(東北地方以西~中国地方)
  主に日本海側の山野の林内に自生。
特徴 : 草丈40cm前後。
  葉は光沢のある皮質で、1本の柄が3本に分かれ
  更にその先が3本に分かれ小葉がついています(2回3出複葉)。
  小葉はいびつな卵形~長楕円形の長さ6~12cm、幅3~6cm。
  縁に刺状の毛が生えています。
  花は数個まとめて下向きに咲き
  花弁は4枚で、基部に長い距(きょ)があり
  先端には蜜を貯めているそうです。
  花の大きさは3~4cm。

名前の由来 : 花が船の錨に似ていることから。
  イカリソウの仲間の多くは冬に地上部が枯れますが
  本種は1年中葉が枯れないことから常盤(ときわ)。

メモ=自生種は白花が圧倒的に多いそうですが、紅紫色種もあるそうです。
  花弁はもろく、指がちょっと触れただけで、花自体がはらりと落ちます。



データなどは2015年4月投稿記事に加筆修正しました。



スポンサーサイト

Posted on 2018/04/02 Mon. 10:00 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« 2018年春・「やまが桜園」の桜たち…1  |  フキ(蕗) »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2018-08