fc2ブログ

ハシボソガラス(嘴細鴉) 


ハシボソ18-2z



ハシボソ18-3z
鳴くときは前傾姿勢で頭を上下させます。



ハシボソ18-4z



ハシボソ18-5z



ハシボソ18-6z


ハシボソガラス(嘴細鴉 又は 嘴細烏)

分類 : スズメ目カラス科  留鳥
分布 : 九州以北
生息地 : 主に農耕地のほか河原 雑木林 海岸沿い 市街地など
体長(全長) : 約50cm  ハシブトガラスより小さい
特徴 : 主に農村地で生活する身近な野鳥の一種。
  全身は光沢のある濃い青紫色で
  光線の加減で黒く見えますが黒色ではありません。
  上嘴の基部から半分ほどには羽毛が生えています。
  ハシブトガラス(嘴太鴉)と比較すると
  額(ひたい=おでこ)は出っ張らず、嘴(くちばし)が細い。
  また、ハシボソガラスはは、しわがれた声でガーァガーァと鳴き
  ハシブトガラスはカァーカァーと澄んだ鳴き声。
  歩き方は、ハシボソガラスは、両足を互い違いに出して歩き
  ハシブトガラスはピョンピョン跳び歩くことが多いそうです。

名前の由来 : カラスの語源には諸説あり
  その一つに、色が黒いことから「黒し」が転訛したという説。
  「す」は鳥を意味する接尾語。



データなどは2014年2月投稿記事に加筆修正しました。




スポンサーサイト



Posted on 2018/03/17 Sat. 10:00 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« タツタソウ(竜田草)  |  ヘレボルス・ガーデンハイブリッド »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △