fc2ブログ

アケボノアセビ(曙馬酔木) 



ベニアセビ18-1z



ベニアセビ18-3z



ベニアセビ18-2z



ベニアセビ18-5z


アケボノアセビ(曙馬酔木)
アケボノアシビ(曙馬酔木)

植栽樹

分類 : ツツジ科アセビ属  常緑低木
学名 : Pieris japonica f.rosea
分布 : 本州(山形県以西)~四国・九州
  白色のアセビはやや乾燥した山地に生え
  紅色のアケボノアセビは、希に自生種が見られるそうです。
特徴 : 自生種の高さは2~6mになり、新芽は赤くて美しいです。
  葉はやや厚く、長さ2~3cmの長楕円形で、先は尖る。
  葉の腋(わき)から総状に壷(つぼ)形の小さな花が多数垂れ下がって咲きます。
  花は長さ6~8mmで、壷形の花の先は浅く5つに裂けています。
  秋に直径6mmほどの球形の果実が熟れます。

名前の由来 : 漢字の「馬酔木」とは葉に毒があり
  馬や牛が食べると酔ったようになることからの当て字で
  アセビとは、「あしみ(悪実)」の音便化という説がありました。

メモ=濃紅色のものをベニバナアセビ(紅花馬酔木)といい、区別するそうですが
  アケボノアセビの別名をベニバナアセビとする図鑑もあり
  濃紅色の基準がどの程度か分かりませんでした。
 ・盆栽や庭木などに植えられる品種として、白花や紅花種の他
  樹高が20~70cmと低いヒメアセビ(姫馬酔木)
  葉の縁が白いフクリンアセビ(覆輪馬酔木)などがあります。



データは2013年3月投稿記事に加筆修正しました。



スポンサーサイト



Posted on 2018/03/12 Mon. 10:00 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« 大杯スイセン…アイスフォーリス  |  サンシュユ(山茱萸) »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △