fc2ブログ

ソシンロウバイ(素芯蝋梅)



(1)
ロウバイ18-1z

(2)
ロウバイ18-2z


(3)
ロウバイ18-3z

(4)
ロウバイ18-4z


(5)
ロウバイ18-5z

(6)
ロウバイ18-6z
(1)(2)、(3)(4)、(5)(6)が同じ木の花です。


ソシンロウバイ(素心蝋梅 又は 素心臘梅)

分類 : ロウバイ科ロウバイ属  落葉低木
学名 : Chimonanthus preacox f.concolor (=Chimonanthus preacox ver.lutea)
原産地 : 中国
特徴 : 冬枯れの1~2月に、香りの高い、いい匂いの花を咲かせます。
  樹高は2~4mで、淡黄色の蝋質の花を、下向き又はやや横向きに付ける。
  花の大きさは約2.5cm。
  花弁は先が細くなりカールし、満開になると平開します。

名前の由来 : 花弁が半透明で蝋(ろう)のような質感があることから。
  又は、臘月(陰暦12月)に咲くからという説もあります。
  なお、素心とは、中国で花弁の色が花芯と同じものをいうとありました。
  また、花芯が白いという意味もあるそうです。

メモ=ほぼ同じ時期に咲くこの花木の仲間には
  ソシンロウバイの親品種であるロウバイ(蝋梅=内側の花弁が暗紫色)と
  ソシンロウバイの改良品種であるマンゲツロウバイ(満月蝋梅)があります。
  よく庭に植えられていて「ロウバイ」と呼ばれているのはソシンロウバイ
  又は、花弁が丸味を帯び、平開しないマンゲツロウバイが多いようです。
  他に、花径が3~4cmと大きいトウロウバイ(唐蝋梅)と呼ばれる品種もあるようです。



※データなどは2014年2月投稿記事からの転載です。



スポンサーサイト



テーマ : 花の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

お返事

ちしゃ猫さんへ
いつもご訪問頂き有り難うございます。

ロウバイの品定めは難しいようで
植木屋さんさえロウバイとソシンロウバイの区別がつかない人もいるようです。
まして、ソシンロウバイとマンゲツロウバイの違いを見定めるのは素人では難しいようです。
散歩の途中で見かけるソシンロウバイを写してくると
同じような花でもどことなく少しずつ違っていますので
ソシンロウバイとマンゲツロウバイとの交雑種もあるのではないかと思っています。

ご無沙汰致しております。

こんにちは。
何時も楽しく拝見致しております。

ロウバイ を探した事があります。
マンゲツロウバイが圧倒的に多く、後ただ「ロウバイ」と書かれたもの
「ソシンロウバイ」と書かれたものとがありました。
マンゲツロウバイはなんとなく改良型と分かったのですが
「ロウバイ」と「ソシンロウバイ」の違い? 関係が分かりませんでした。
植木屋さんのお兄さんに違いを聞いたのですが
花の色が違う と言うだけで納得のいく答えはありませんでした。
結局「ソシンロウバイ」を買ってきてしまったのですが
ロウバイにしておけばよかったと思ってしまいました^^;

その「ソシンロウバイ」 鹿さんに表皮を剥がされ半分の大きさになってしまいました。
慌ててグリーンのネットを張って 今ポツラポツラと花芽を膨らませています。
でも でも「ソシンロウバイ」でも咲くのが楽しみです。

ウダウダと長くなってしまいました。
プロフィール

トッコス爺

Author:トッコス爺
ご訪問頂き有り難うございます。

老い先短い爺が暇つぶしとボケ防止を兼ね、身の周りで咲く花やチョウ、トンボなどの昆虫、野鳥などをヨボヨボした足取りで見境なく撮り歩き、ブログに投稿するのを1日の楽しみにしています。
生物学者でも園芸家などその道の専門家ではありませんから、投稿前に手元の図鑑やネット図鑑などで名前を調べています。これも楽しみのひとつになっています。
しかし、個々の記事などは、日々衰えていく脳みそが少しでも活性化すればと思って調べた書置きみたいなものですから、間違った記述もあると思います。もし、間違っていたら、それは老いぼれ爺さんの勉強不足のせいなのでありますから、大目に見てくださると有難いです。


👈画像上でクリックすると少し大き目の画像が別窓で開きます。

最新記事
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
最新コメント
現在の時刻
FC2カウンター
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード