fc2ブログ

バジル



バジル17-1z



バジル17-2z



バジル17-4z



バジル17-5z


バジル
バジリコ  
メボウキ(目箒)

分類 : シソ科メボウキ(オキマム)属  1年草
学名 : Ocimum basilicum
原産地 : 熱帯アジア
特徴 : 草丈50~100cm。
  茎には4つの稜(りょう)があり、よく枝分かれする。
  葉は光沢のある卵形で、表面は少しふくらんだりしわがよったりする。
  花はシソ科特有の唇弁形で、大きさは1cmほど。
  摘み取った葉や茎にはさわやかな香りがあり
  イタリア料理には欠かせないハーブとして使われます。

名前の由来 : バジルとは古いギリシャ語で「王様」を意味するそうです。
  また、想像上の怪物のバジリクスからという説もあります。
  和名のメボウキは、種子を水に浸けると種皮が粘液状にふくらみ
  これが目の中に入ったゴミを取リ去るから、目の箒=メボウキだそうです。
  
メモ=数あるハーブの中でもバジルは代表格で
  「ハーブの王様」といわれるほど料理を引き立ててくれるそうです。
  イタリア料理のほか、肉、魚、野菜料理にも相性がよく
  花穂はハーブティーにも利用されます。
  よく栽培される品種はスイートバジルと呼ばれるもので
  他にレモンの香りのするレモンバジルやシナモンバジルなどもあるようです。



データなどは2012年8月投稿記事からの転載です。



スポンサーサイト



テーマ : 季節の花
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

トッコス爺

Author:トッコス爺
ご訪問頂き有り難うございます。

老い先短い爺が暇つぶしとボケ防止を兼ね、身の周りで咲く花やチョウ、トンボなどの昆虫、野鳥などをヨボヨボした足取りで見境なく撮り歩き、ブログに投稿するのを1日の楽しみにしています。
生物学者でも園芸家などその道の専門家ではありませんから、投稿前に手元の図鑑やネット図鑑などで名前を調べています。これも楽しみのひとつになっています。
しかし、個々の記事などは、日々衰えていく脳みそが少しでも活性化すればと思って調べた書置きみたいなものですから、間違った記述もあると思います。もし、間違っていたら、それは老いぼれ爺さんの勉強不足のせいなのでありますから、大目に見てくださると有難いです。


👈画像上でクリックすると少し大き目の画像が別窓で開きます。

最新記事
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
最新コメント
現在の時刻
FC2カウンター
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード