ツマグロヒョウモン(褄黒豹紋) 


ツマグロヒョウモン1z


交尾中のツマグロヒョウモンに出合いました。


ツマグロヒョウモン2z
右がメスです。


ツマグロヒョウモン3z
左がオスです。


ツマグロヒョウモン4z
交尾中の2頭(匹)に別のオスが入ってきました。



ツマグロヒョウモン5z
右がメスです。


ツマグロヒョウモン(褄黒豹紋)

分類 : チョウ(鱗翅)目タテハチョウ科
分布 : 本州(関東地方以西)~沖縄
   平地や丘陵地の道端などで見られます。
前翅長 : 35~42mm   開張 : 65~75mm 
特徴 : オスの表翅はヒョウモンチョウの仲間同様の色や斑紋が見られます。
  ただし、後翅の外縁が黒く縁どられているので
  他のヒョウモンチョウとの区別は容易です。
 ・メスの前翅端半分は紫黒色で、白色の斜め帯が入ります。
  表後翅の外縁はオス同様に黒く縁どられています。
  裏翅は薄い黄褐色の地にやや濃い目の黄褐色の斑点が見られます。
  幼虫はスミレ科の各種を食べ、4~11月まで連続して発生。

名前の由来 : メスの翅の先(褄)が黒いことから。

メモ=南方系のチョウだそうですが
  近年になり生息域が北上しているとか。
 ・メスはマダラチョウ科のカバマダラに擬態していることで有名とされています。
  カバマダラは、八重山諸島ではほぼ1年中見られるそうですが
  他の地域では、まれに飛来してくる程度の迷蝶だそうです。



データなどは2013年7月投稿記事からの転載です。



スポンサーサイト

Posted on 2017/08/12 Sat. 10:22 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« オミナエシ(女郎花)  |  アシナガグモ(脚長蜘蛛) »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-08