ムクゲ(木槿) 



ムクゲ17-1z



ムクゲ17-2z



ムクゲ17-3z



ムクゲ17-4z



ムクゲ17-5z


ムクゲ(木槿 又は 槿)

分類 : アオイ科フヨウ属  落葉低木
学名 : Hibiscus syriacus
原産地 : インド 中国 
特徴 : 平安時代に中国から渡来した園芸花木。
  樹高3m前後。
  今年の枝先の葉の腋(わき)に次々と花芽が付き
  直径6~10cmの花が咲きます。
  花期は初夏の6月頃から秋までと長いです。
  フヨウ(芙蓉)によく似ていますが、フヨウとの違いは
  葉の形が卵形か楕円形で先端が浅く3裂し
  (フヨウは掌形の5角形~多角形)
  葉の縁に鋸歯(あらいギザギザ)があることで見分けられます。
  ムクゲ、フヨウとも朝に開花し翌日にはしぼむ1日花です。
  花の色は白、紅、赤紫、青紫、桃などがあり
  花の形は一重、半八重、八重咲きと園芸品種が多数あります。

名前の由来 : 漢名の木槿を「もくきん」と音読みしたものが転訛したもの。



データなどは2011年8月投稿記事に加筆修正しました。




スポンサーサイト

Posted on 2017/07/29 Sat. 10:00 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« ツルムラサキ(蔓紫)緑色系  |  ツマグロイナゴ(褄黒蝗) »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-08