ルリタマアザミ(瑠璃玉薊) 


ルリタマアザミ1z



ルリタマアザミ2z



ルリタマアザミ3z


ルリタマアザミ(瑠璃玉薊)
ウラジロヒゴタイ(裏白平江帯)

分類 : キク科ヒゴタイ属  多年草
学名 : Echinops ritro
原産地 : 地中海沿岸 西アジア
特徴 : 草丈50~120cm。
  葉は長い楕円形で、羽状に裂け
  葉の縁には鋭い切れ込みがあり、先端は刺状になります。
  葉の裏には白い綿毛が生えています。
  太い茎先に小さな筒状花が集まり、大きさ4~6cmの球状になり
  上部から開花していきます。
  筒状の花の大きさは約1cm。

名前の由来 : 花がるり色(青色)をした球状で
  葉がアザミのように切れ込みがあることから。

メモ=日本に自生するヒゴタイと同じ仲間です。
 ・園芸品種が数種あるそうで、この花がどうなのかは分かりません。



スポンサーサイト

Posted on 2017/07/22 Sat. 10:42 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« ウバユリ(姥百合)  |  アズチグモ(安土蜘蛛) »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-10