アオバハゴロモ(青翅羽衣) 


アオバハゴロモ1z



アオバハゴロモ2z



アオバハゴロモ4z



アオバハゴロモy1z
白い綿状の分泌物に覆われている幼虫です。


アオバハゴロモ(青翅羽衣)

分類 : カメムシ(半翅)目アオバハゴロモ科
体長 : 6mm前後  翅先まで10mm前後
分布 : 本州~沖縄
  低山地等の照葉樹林などで普通に見られます。
特徴 : セミに近い仲間。
  全体が青緑色で翅の縁が淡紅色をして
  前翅は閉じ、横から見ると三角形状。
  成虫、幼虫とも集団でいることが多い。
  幼虫は白い綿状の分泌物に覆われています。
  成虫、幼虫とも近くに寄るとピョ~ンと跳ねて飛び去ります。
  食性は幅広く、クワ、チヤなどのほか
  果樹などの汁を吸うので害虫扱いされます。

名前の由来 : 「ハゴロモ」には鳥や虫の「はね」という意味があるそうで
  青緑色をしたきれいな前翅が由来ということです。



スポンサーサイト

Posted on 2017/07/14 Fri. 10:07 [edit]

CM: 2
TB: --

top △

« ミナミノシマゴミグモ  |  ネムノキ(合歓木) »

コメント

お返事

鍵コメントさんへ
こちらこそ失礼しております。

暑い日が続き、散歩も怠りがちになり
近くで見かけるこんな虫を撮って楽しんでいます。

60代頃に比べると暑さ寒さにとんと弱くなり
出かける回数も減らしています。
お気遣いのコメントをいただき、有難うございます。

トッコス爺 #- | URL | 2017/07/17 21:39 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2017/07/16 19:04 * edit *

top △

コメントの投稿

Secret

top △