チコリー 


チコリ1z



チコリ2z


チコリ4z



チコリ3z


チコリー
キクニガナ(菊苦菜)

分類 : キク科キクニガナ属  多年草
学名 : Cichorium intybus
原産地 : ヨーロッパ地中海沿岸 中央アジア
特徴 : 明治時代に観賞用、食用として導入され
  様々な品種があり、栽培されていたものが逃げ出し
  畑や空き地、川岸などで野生化しているのが見られるそうです。
  草丈は50~120cm、茎には粗い毛が密に生えています。
  葉は長楕円形。
  花の大きさは3cm前後で、昼過ぎにはしぼむ1日花。

名前の由来 : チコリーは英名Chicoryから。
  キクニガナは、ニガナに似てキクのような美しさから。
  ニガナとは、茎を折ると乳液が出て、それを舐めると苦い味がし
  食用になる草花には「菜」が付くので「苦菜」だそうです。

メモ=葉や根には独特の苦味があり
  葉や根を炒ったものはコーヒーの風味付けや
  コーヒーの代用品として使われるそうです。
  また、根株から出る新芽を陽を当てず、暗い場所で軟白栽培したものを
  サラダにしたりクリーム煮にしたりして食べます。



※ データなどは2012年9月投稿記事に加筆修正しました。



スポンサーサイト

Posted on 2017/06/10 Sat. 10:06 [edit]

CM: 2
TB: --

top △

« ハラキンミズアブ(腹金水虻)  |  アマリリス »

コメント

お返事

yokoblueplanetさんへ
ご訪問とコメントを頂きありがとうございます。

チコリーについて調べたところ
野草化しているものも見られるそうですが
この画像は、よそ様の畑で見かけ、写させてもらったものです。
野菜の花にしてはやさしい色合いですが、1日でしぼむのが惜しいですね。


トッコス爺 #- | URL | 2017/06/11 21:29 * edit *

初めまして。

こんばんは。
ご訪問、ありがとうございます。
このチッコリ〜はアメリカの野山にまで深く入り込んでいます。
日本にもしっかりと根を下ろしていたのですね。
このブルーの色が魅力的です。
お時間のある時にはまたぜひ遊びにいらしてください。

yokoblueplanet #- | URL | 2017/06/10 11:06 * edit *

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-08