ナナミノキ 


ナナミノキ1z



ナナミノキ2z



ナナミノキ3z



ナナミノキ4z



ナナミノキfz
昨年11月中旬撮影


ナナミノキ
ナナメノキ

分類 : モチノキ科モチノキ属  常緑高木
学名 : Ilex chinensis (Ilex purpurea)
分布 : 本州(静岡県以西)~四国・九州
  低山地の常緑林内に生える。
特徴 : 樹高10~12m。
  葉の表面は光沢があるしなやかな革質の長楕円形。
  先は尖り、葉の縁はまばらなぎざぎざ(鋸歯)があり
  長さ60~110mm、幅25~35mm。
  葉の腋(わき)から短い軸を出し、径5mmほどの小さな花を咲かせます。
  果実はほぼ球形で長さ約10mm。秋に赤く熟れます。

名前の由来 : きれいな実を沢山つけるから「七実の木」という説。
  又はこの仲間の内、この木だけがゆがんだ楕円であることから
  「長実の木」が訛(なま)ったという説がありました。
  別名ナナメノキは、枝を折ると一様に「斜め」に割れるからという説がありますが
  いずれも語源ははっきりしないそうです。

メモ=雌雄異株だそうで、近くに雄花を咲かせている木はないかと探しましたが
  見つかりませんでした。



スポンサーサイト

Posted on 2017/06/08 Thu. 10:38 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« アマリリス  |  コボウズオトギリ(小坊主弟切) »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-08