ソクシンラン(束心蘭) 


ソクシンラン17-1z



ソクシンラン17-12z



ソクシンラン17-2z



ソクシンラン17-3z


ソクシンラン(束心蘭)

分類 : ユリ科ソクシンラン属  多年草
学名 : Aletris spicata
分布 : 本州(関東地方以西)~沖縄
  日当たりのいい低山地の傾斜地や草はら、道端などに生える。
特徴 : 根元に多数の線形の葉がロゼット状に広がり
  葉の長さ10~30cm、幅5~7mm。
  葉の中心部から30~50cmの茎を立て
  その上部につぼ形の花を多数咲かせる。
  花の色は白、又は淡紅で、長さは5~6mmと小さいです。
  花茎と花には腺毛が密生しています。

名前の由来 : ランに似た葉の束(たば)の間から花茎を出すことから。
  ランの名前が付いていますが、ランの仲間ではなく、ユリ科の植物です。



 データなどは2012年6月投稿記事からの転載です。



スポンサーサイト

Posted on 2017/06/03 Sat. 10:05 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« 2017年初夏・荒尾干潟周辺の野鳥など⑧  |  ルー »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-10