2017年初夏・荒尾干潟周辺の野鳥など⑦ 


チュウシャクシギ17-1z



チュウシャクシギ17-2z
左上と右端の鳥はハマシギ


チュウシャクシギ17-3z
前方の鳥はソリハシシギ


チュウシャクシギ17-4z



チュウシャクシギ17-5z


2017年初夏・荒尾干潟の野鳥など⑦
チュウシャクシギ(中杓鷸)

分類 : チドリ目シギ科  旅鳥  
分布 : 日本全土
生息地 : 砂浜や干潟、岩礁、海岸に近い農耕地など
体長(全長) : 約42cm   ドバトより一回り大きい
特徴 : 体の上面は黒褐色で、淡色の斑点がある。
  顔面には、目の上にある頭側線といわれるものが目立ち
  頭頂には白い線が走っています。
  下に曲がった長い嘴(くちばし)を干潟や砂地などに突っ込み
  カニなどを捕ったり、畑地では昆虫を捕らえたりします。
  餌を捕るときは単独行動で、休む時などは群れになるということです。

名前の由来 : 長く反った嘴を水などを汲む道具の「杓(しゃく)」に見立てて。

メモ=ユーラシア大陸の高緯度地帯に点在して繁殖し
  北半球の亜熱帯地域から南半球のオーストラリアなどで越冬する
  その途中の春4~6月、秋7~10月の2回日本に渡来し
  旅鳥として観察されるということです。
  嘴が下向きに湾曲しているシギの仲間には
  コシャクシギ、ダイシャクシギ、ホウロクシギ、サルハマシギなどがいます。



 データなどは2014年9月投稿記事からの転載です。



スポンサーサイト

Posted on 2017/05/31 Wed. 10:25 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« ハナビシソウ(花菱草)  |  2017年初夏・荒尾干潟周辺の野鳥など⑥ »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △