2017年初夏・荒尾干潟周辺の野鳥など⑤ 


キョウジョ17s-1z
左2羽はメス、右端はキアシシギ。


キョウジョ17s-2z



キョウジョ17s-3z



キョウジョ17s-23z



キョウジョ17s-4z
右はダイゼン


キョウジョ17s-6z


2017年初夏・荒尾干潟周辺の野鳥など⑤
キョウジョシギ(京女鷸)夏羽

分類 : チドリ目シギ科  旅鳥
分布 : 日本全土
生息地 : 砂浜や干潟、河川、水田など
体長(全長) : 約23cm   ムクドリくらい
特徴 : ユーラシア大陸や北アメリカのツンドラ地帯で繁殖し
  冬は南半球まで南下して越冬し
  その途中の春と秋に、日本各地に渡来するということです。
  頭部から胸部にかけては白地に黒色の斑紋があり
  体の上面は赤褐色と黒色の模様。
  わずかに上に反る短い嘴(くちばし)で小石などを裏返し
  カニなどの甲殻類や貝類などを食べます

名前の由来 : 華やかな夏羽を「京女性の着物姿」に見立てて。

メモ=オスは頭部に黒い縦縞があり
  メスの頭部は茶色味を帯び、全体の色が淡いということです。



 データなどは2014年6月投稿記事に加筆修正しました。



スポンサーサイト

Posted on 2017/05/29 Mon. 10:15 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« 2017年初夏・荒尾干潟周辺の野鳥など⑥  |  ムナグロ(胸黒) »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-08