ムナグロ(胸黒) 


ムナグロ17-1z
夏羽に換羽中。


ムナグロ17-2z



ムナグロ17-23z



ムナグロ17-3z



ムナグロ17-4z
ほぼ夏羽になっています。


ムナグロ(胸黒

分類 : チドリ目チドリ科  旅鳥又は冬鳥
分布 : 日本全土
生息地 : 水田 畑 草地など
体長(全長) : 約24cm  ムクドリくらい
特徴 : シベリアや北アメリカのツンドラ地帯で繁殖し
  冬は東南アジアやオーストラリア、ニュージーランドまで南下し
  日本には春と秋に渡来する旅鳥ですが
  西南日本では一部が冬も留まるそうです。
  夏羽は名前の通り、顔と前首から腹部までの下面が黒く
  体上面は黄、黒、白3色の斑模様があり
  下面との境に白帯が入っています。
  干潟や河口周辺で見られるダイゼン(大膳)によく似ていますが
  ムナグロは淡水域を好み、体は一回り小さく
  ダイゼンの上面は黒と白の2色斑模様なので
  見分けるヒントになります。

名前の由来 : 夏羽で頭部から腹部までが黒いことから。

メモ=昨日のダイゼンとよく似た姿をしたムナグロです。
  体長の違いはこの画像では分かりませんが
  両者の羽色の違いは分かってもらえるかと思います。



 データは2016年5月投稿記事に加筆修正しました。



スポンサーサイト

Posted on 2017/05/28 Sun. 10:41 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« 2017年初夏・荒尾干潟周辺の野鳥など⑤  |  2017年初夏・荒尾干潟周辺の野鳥など④ »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-08