2017年初夏・荒尾干潟周辺の野鳥など④ 


ダイゼン17s-1z
まだ冬羽のまま


ダイゼン17s-2z
夏羽に換羽途中


ダイゼン17s-3z
夏羽に換羽


ダイゼン17s-5z
中央はハマシギ


2017年初夏・荒尾干潟周辺の野鳥など④
ダイゼン(大膳)夏羽

分類 : チドリ目チドリ科  旅鳥又は冬鳥
分布 : 関東地方以南
生息地 : 主に干潟に飛来、又は河口、水田、河原など。
体長 : 約29cm   ハトくらい
特徴 : ロシア、北アメリカの北極海沿岸で繁殖し
  冬は世界中のほとんどの沿岸部に分散し
  日本には春と秋に渡来する旅鳥。
  一部は有明海などで越冬するそうです。
  成鳥の夏羽は眼から腹部までの下面が黒色。  
  背面は白と黒のツートンカラーのまだら模様。
  成鳥の冬羽と幼鳥の腹部は白色で
  背中部は茶褐色と白色斑のまだら模様。
  ピューユー、ピューイと尻上がりの澄んだ声で鳴きます。

名前の由来 : 平安時代に宮中でこの鳥の肉を台所で料理していて
  料理方を「大膳職(だいぜんしき)」といい、その役職名にちなむそうです。



 データなどは2017年1月投稿記事に加筆修正しました。



スポンサーサイト

Posted on 2017/05/27 Sat. 10:45 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« ムナグロ(胸黒)  |  2017年初夏・荒尾干潟周辺の野鳥など③ »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-10