2017年初夏・荒尾干潟周辺の野鳥など① 


ハマヒルガオ17-1z



ハマヒルガオ17-2z



ハマヒルガオ17-3z



ハマヒルガオ17-4z


2017年初夏・荒尾干潟周辺の野鳥など①
ハマヒルガオ(浜昼顔)

分類 : ヒルガオ科ヒルガオ属  多年草
学名 : Calystegia soldanella
分布 : 日本全土   
  日当たりのいい海岸に生え、時として群生。
特徴 : 茎は海岸の砂の中を這い、長く伸びます。
  葉は円形で内側に丸まり、厚くて光沢があります。
  水分の蒸発や塩分から守るための物質に覆われているそうです。
  葉の長さ幅ともに2~5cm。
  葉の腋(わき)から長い柄を出し
  その先にヒルガオに似た漏斗(ろうと)状の花をつけます。
  花の大きさは4~5cm。

名前の由来 : 浜で生育するヒルガオということで。

メモ=初夏の浜辺を彩る野草の一つといわれていますが
  沖縄地方での開花は4月頃で
  北海道の稚内では7月頃が満開だそうです。

・変わり映えしない荒尾干潟周辺の草花や野鳥たちですが
 数回に分けて投稿していきます。



 データなどは2014年6月投稿記事からの転載です。



スポンサーサイト

Posted on 2017/05/24 Wed. 10:22 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« 2017年初夏・荒尾干潟周辺の野鳥など②  |  フタスジサナエ(二条早苗蜻蛉) »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-08