マユミ(真弓) 


マユミ17-1z



マユミ17-3z



マユミ17-2z



マユミ17-4z


マユミ(真弓)
ヤマニシキギ(山錦木)

植栽

分類 : ニシキギ科ニシキギ属  落葉低木~高木
学名 : Euonymus sieboldianus
分布 : 北海道~四国・九州~屋久島
  低地又は低山地の林縁に生える。
特徴 : 樹高は普通3~5mで、15mほどになる木もあるそうです。
  葉は楕円又は長楕円形で長さ5~15cm、幅2~8cm。
  5~6月に今年伸びた枝の基部から3~6cmの柄を出し
  8mmほどの淡緑色の花を付けます。
  果実は長さ、幅共に8~10mmの四角形で
  10~11月に淡紅色に熟れ
  やがて4つに裂けると赤い仮種皮に包まれた種子が現れ
  果実は初冬まで残ります。

名前の由来 : 弾力があってよくしなり、昔この木から弓を作ったことから。

メモ=花は小さくて目立ちませんが
  秋になると紅葉、果実、種子が美しいので、庭木として植栽されます。



 データなどは2012年1月投稿記事に加筆修正しました。



スポンサーサイト

Posted on 2017/05/22 Mon. 10:09 [edit]

CM: 2
TB: --

top △

« フタスジサナエ(二条早苗蜻蛉)  |  2017年初夏・バラいろいろ⑤ »

コメント

お返事

むくさんへ
このマユミの木はいつもの散歩コースで見慣れていますので
満開になったところで写させてもらいました。
次は秋の紅葉と熟れた果実を待つことになりますが
花が咲いた数だけ果実は熟れないけれど
楽しみに待ちたいと思います。

トッコス爺 #- | URL | 2017/05/23 23:15 * edit *

おはようございます♪
真弓の花は、そこに木があることを知っていないと咲いていることに気づかないほどですね。
これが秋になると赤い実を付け、やがて実が裂けて、紅梅が咲いたかとまがう美しさになるのかと思うと、愛しさの湧く花ですね。

むく #E0P7TXCk | URL | 2017/05/23 08:42 * edit *

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-08