ヒバリ(雲雀) 


ヒバリ17-1z
空中でさえずる姿がやっと撮れました。
大きく切り落としています。



ヒバリ17-2z



ヒバリ17-3z



ヒバリ17-4z



ヒバリ17-5z


ヒバリ(雲雀)

分類 : スズメ目ヒバリ科  留鳥又は漂鳥
分布 : 北海道~四国・九州
生息地 : 農耕地 草地 河原 埋立地など
体長(全長) : 約17cm  スズメよりやや大きく、脚が長い。
特徴 : 丈の低い草が生えている開けた場所を好むといわれ
  羽色は淡褐色で、胸に黒褐色の縦斑があります。
  頭に短い冠羽があり、立てたり寝かせたりします。
  空高く舞い上がってよくさえずり、縄張り宣言をします。
  それ以外では地上での行動が多く
  地面を歩きながら草の実や昆虫を探して食べます。

名前の由来 : 晴れた日に空高く上り鳴くことから「日晴(ひはる)」が訛ったもの。
  漢字表記の「雲雀」は雲に届くほど高く飛ぶ雀に似た鳥という意味。



 データなどは2011年6月投稿記事に加筆修正しました。



スポンサーサイト

Posted on 2017/05/04 Thu. 10:37 [edit]

CM: 4
TB: --

top △

« コチドリ(小千鳥)  |  2017年・「やまが桜園」の桜たち…7(終) »

コメント

お返事

なっつばーさんへ
ヒバリのさえずりをいつかは撮ってみたいと思っていて
何年がかりかでものにすることができました。
野鳥を撮り慣れた方にとってはこんな画像は屁のようなものなのでしょうけど
曲がりなりにも撮れたことをよしとして出すことにしました。
薄目ではなく、しっかりと眼を見開いて見させて頂きます。

むくさんへ
地上で餌をついばんでいるときのヒバリは
周囲の土の色や枯草などに紛れて姿を見つけるのが難しく
空中でさえずっている姿をカメラで追いかけるのは尚更のことでした。
ヒバリの2句、有り難うございます。

yatyou1116さんへ
春を報せるヒバリのさえずりを聞くと
一度はその姿をカメラに収めてみたいと思っていて
やっとその願がかないました。
しかし、画面の片隅に小さく写っていたので大きく切り落とし
粗い画像になっています。
こんな画像にコメントを頂き、有り難うございます。

トッコス爺 #- | URL | 2017/05/05 21:39 * edit *

ひばりは高く高く空に留まってさえずるのでカメラでとらえるのは難しいですね。
わたしもやっと撮ることが出来ましたが、もうピンボケボケでございます。(笑)
でも、せっかくなので今度乗せようと思っています。
ご覧になる時には薄目を開けて願います。(笑)

なっつばー #- | URL | 2017/05/04 23:41 * edit *

こんばんは!
撮ることも見ることもなかなか難しいヒバリ、飛んでいるところを撮れてよかったですね。
   いつも何か探しているようだナひばり /渥美清

   揚げ雲雀発車待つ間の始発駅 /むく
おそまつでした。

むく #E0P7TXCk | URL | 2017/05/04 22:05 * edit *

トッコス爺さん,今晩は。

ヒバリの飛び光景,
お見事ですね。
天高く囀る声は聞こえても姿を捉える事が難しいヒバリ
見事撮り収めましたね。

yatyou1116 #- | URL | 2017/05/04 18:39 * edit *

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-08