フデリンドウ(筆竜胆) 


フデリンドウ1z



フデリンドウ2z



フデリンドウ3z



フデリンドウ4z


フデリンドウ(筆竜胆)

分類 : リンドウ科リンドウ属  2年草
学名 : Gentiana zollingeri
分布 : 北海道~四国・九州  
  陽当たりのよい雑木林の下や山の草原に生える。
特徴 : 草丈5~10cm。葉は卵形でやや厚みがあり、裏面は赤紫色を帯びます。
  茎先に長さ2cm前後の花が数個かたまって咲きます。
  リンドウの仲間の多くは、陽が当たっているときだけしか開かないので
  曇りや雨の日は日中でも閉じたままです。

名前の由来 : 花の閉じた形が筆の穂先に似ているリンドウということから。
  リンドウ(竜胆)は漢名「竜胆(りゅうたん)」の日本語読みが転じて。

メモ=同じ時期に同じような花を咲かせるハルリンドウ(春竜胆)があり
  山地の草原に生えます。
  見分けるには、ハルリンドウは株の根元近くで枝分かれして
  数本の茎が出て花が1~2個つきます。
  フデリンドウは1本の茎先で数個の花を咲かせます。



 データなどは2011年4月投稿記事に加筆修正しました。



スポンサーサイト

Posted on 2017/05/02 Tue. 10:30 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« 2017年・「やまが桜園」の桜たち…7(終)  |  スパラキシス »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △