チューリップ 


チューリップ1z



チューリップ2z



チューリップ3z



チューリップ4z



チューリップ5z



チューリップ6z


チューリップ
ウッコンコウ(鬱金香)

分類 : ユリ科チューリップ属  多年草
学名 : Tulipa spp.
原産地 : 地中海沿岸~中央アジア
特徴 : 白い粉をふいた2~3枚の葉が開くにつれ
  1本の花茎が立ち上がり、その先に1個の花を咲かせます。
  始めはコップ状に咲きますが満開を過ぎると水平に開き、散ります。
  トルコでの栽培品種がヨーロッパに入ると品種改良が盛んになり
  栽培の中心はオランダになったそうです。
  今ではオランダの品種リストには3000種以上が挙げられているそうで
  品種は開花期や花姿などによって15系統に分類されているとのことです。

名前の由来 : 学名のトゥーリパとは、ペルシャ語の頭巾を意味するツルバンを語源とし
  花の姿が頭に巻くターバンに似ていることからという説などがあります。
  ウッコンコウとは、19世紀後半に渡来したときの名前。




スポンサーサイト

Posted on 2017/04/28 Fri. 10:50 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« ハナミズキ(花水木)  |  2017年・「やまが桜園」の桜たち…5 »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-07