ミノムシ(蓑虫) 


ミノムシ1z



ミノムシ2z



ミノムシ3z



ミノムシ4z
ぶら下がっている糸を指で手繰り、止まらせました。


ミノムシ(蓑虫)

チョウ(鱗翅)目ミノガ科の幼虫で
日本にはミノガは15種ほどいて
代表的なものはオオミノガ(大蓑蛾)とチャミノガ(茶蓑蛾)だそうです。
オオミノガの開張は35mmほどで、終齢幼虫の蓑の長さ50mmほど
チャミノガの開帳は25mmほどで、終齢幼虫の蓑の長さ25mmほどだそうです。


ミノガの一生は、親が産卵した蓑(ミノ)の中で孵化すると
幼虫はミノから脱出し、すぐに自分で噛み切った葉の切れ端で身を包み
木の葉を食べながら成長し、7回脱皮を繰り返した後
秋に陽当たりのいい場所に移り、冬を越すそうです。
翌年の春~初夏に蛹になり、約1か月後に成虫(蛾)になると
オスはミノから出てメスを求めて飛び立ち
メスは翅が退化しているので、ミノの中でオスが来るのを待って交尾し
産卵した後、死んでしまうそうです。




スポンサーサイト

Posted on 2017/04/21 Fri. 10:34 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« タンチョウソウ(丹頂草)  |  アメリカスミレサイシン(亜米利加菫細辛) »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-10