ゲンペイモモ(源平桃) 


ハナモモ17-1z



ハナモモ17-2z



ハナモモ17-3z



ハナモモ17-4z



ハナモモ17-5z



ハナモモ17-6z


ゲンペイモモ(源平桃)

分類 : バラ科サクラ属   落葉小高木
学名 : Prunus persica Batsch Genpei
原産地 : 中国
特徴 : 江戸時代に改良されたハナモモの1品種で、樹高は2~4m。
  1本の木に八重の白、桃、赤色と絞り模様が入る花が咲き分けます。
  花径3~4cmほど。
  花色は植えた場所の環境やその年の気候などにより
  白色が多かったり赤色ばかりになったりと、偏(かたよ)ることがあるそうです。

名前の由来 : 1本の木に白や赤色の花が競うように咲き乱れるさまを
  源平合戦に見立てたもの。





スポンサーサイト

Posted on 2017/04/10 Mon. 10:12 [edit]

CM: 2
TB: --

top △

« チュウガタシロカネグモ(中型白金蜘蛛)  |  リキュウバイ(利休梅) »

コメント

お返事

さゆうさん さんへ
当方、スルーばかりの失礼を重ねておりながら
いつもお立ち寄りくださり、また今回はコメントを頂き有難うございます。

北海道と九州とでは緯度が10度ほど違っていますので
北海道の風景をいつも興味深く拝見させて頂いております。

サクラにも八重咲き品種には見応えのある花を咲かせるものがありますよ。

トッコス爺 #- | URL | 2017/04/11 11:29 * edit *

こんにちは。
桃の花はこちらでは見る事が有りません。
桃の木が育たないからです。
梅やさくらに比べ豪華な感じがしますね。

さゆうさん #- | URL | 2017/04/10 16:25 * edit *

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-10