リキュウバイ(利休梅) 



リキュウバイ17-1z



リキュウバイ17-2z



リキュウバイ17-3z



リキュウバイ17-4z


リキュウバイ(利休梅)
バイカシモツケ(梅花下野)  
ウメザキウツギ(梅咲空木)

分類 : バラ科ヤナギザクラ属  落葉低木
学名 : Exochorda racemosa
原産地 : 中国中北部
特徴 : 明治末期頃日本に渡来し、庭木や公園木等として植えられます。
  樹高は2~4m。
  葉は狭倒卵形又は長楕円形で、先はわずかに尖り、長さ6cmほど。
  芽吹きと開花はほぼ同時で
  枝先に多数の花が集まって(=総状花序)白い花が開きます。
  花径は3~5cmで、オシベは15~25個あり、3~5個ずつ花弁の基部につきます。
  メシベは1個で先は5つに裂けています。

名前の由来 : ウメの花に似て上品な雰囲気があることから茶花として使われるので
  千利休にあやかったものだそうです。




 データなどは2013年3月投稿記事に加筆修正しました。




スポンサーサイト

Posted on 2017/04/09 Sun. 10:00 [edit]

CM: --
TB: --

top △

2017-08