アマナ(甘菜) 


アマナ17-1z



アマナ17-2z



アマナ17-3z


↑  ↓  は別の場所で撮影です。


アマナ17-4z



アマナ17-5z


アマナ(甘菜)

分類 : ユリ科アマナ属  多年草
学名 : Tulipa edulis (Amana edulis)
分布 : 本州(東北地方以西)~四国・九州 
  日当たりのいい土手、山地の芝草原などに生える。
特徴 : 茎の基部から長さ13~25cm、幅5mm前後の2枚の葉を広げ
  その中心からひょろりとした15~30cmの花茎を伸ばし
  広い鐘形の白い花を1個付ける。花の下には小さな苞葉が2枚ついています。
  花弁の長さは20~25mm。
  花弁の外側には暗紫色の筋があります。
  日が当たっているときだけ花が開きます。
名前の由来 : ラッキョウを小さくしたような球根(鱗茎)には甘みがあり
  若葉と共に食べることから。

メモ=アマナの葉の幅は5~10mmですが
  関東地方~近畿地方、四国で見られる葉の幅7~15mmのアマナは
  ヒロハアマナ(広葉甘菜)というそうです。
  学名が示すようにチューリップの仲間とされてきましたが
  最近になって別属に分類されるようになったそうです。
  カタクリやフクジュソウなどと共に「春の妖精(スプリング・エフェメラル)」と呼ばれる花の一種。
  同じユリ科の仲間のアマドコロ(甘野老)の別名を「アマナ」とされている図鑑がありました。



 データなどは2015年3月投稿記事に加筆修正しました。



スポンサーサイト

Posted on 2017/04/05 Wed. 10:56 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« ペチコートスイセン(ぺちこーと水仙)  |  ハコベ(繁縷) »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-10