ツクシ(土筆) 


ツクシ1z



ツクシ2z



ツクシ3z
ツクシ(左)とスギナ(右)


ツクシ4z


スギナ(杉菜)
ツクシ(土筆

分類 : トクサ科トクサ属  多年草
学名 : Equisetum arvense
分布 : 北海道~九州 温暖地帯以北に広く分布
  畑、空き地、道端、日当たりのいい湿地などに群生。
特徴 : シダ(羊歯)の仲間で、地下茎は長く、浅く地中を這って広がります。
  地下茎の節から春に10~30cmの胞子茎(=ツクシ)を立て
  その後に20~40cmに伸びる緑色の栄養茎(=スギナ)が出ます。
  胞子茎(=ツクシ)は淡褐色で、頂部に胞子嚢(ほうしのう)穂が付き
  食用になります。

名前の由来 : スギナは、葉の姿が杉に似ていることから…など。
  ツクシは、港に入る通路を示した杭=澪標(みおつくし)の「つくし」で
  付き立った杭のように見えるからという説などがあります。
  漢字表記の「土筆」は土に刺した筆のような姿から。

メモ=生える場所の養分が乏しいとツクシが多く
  養分が豊富だとスギナばかりになるそうです。
 ・童謡を調べました。
  ♪①つくし だれのこ すぎなのこ ②つくし はるです あそぼうよ

  ♪ぽかぽかと あったかい日に つくしのぼうやは 目がさめた
   つくしだれのこ すぎなのこ 土手の土そっとあげ 
   つくしのぼうやが のぞいたら そとはそよ風 春の風



スポンサーサイト

Posted on 2017/03/28 Tue. 10:19 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« ベニバスモモ(紅葉李)  |  ブロッコリー »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-10