ギンヨウアカシア(銀葉あかしあ) 


ギンヨウアカシア1z



ギンヨウアカシア2z



ギンヨウアカシア3z



ギンヨウアカシア5z



ギンヨウアカシア6z


ギンヨウアカシア(銀葉あかしあ)
ハナアカシア(花アカシア) 
ミモザ 
ミモザアカシア

分類 : マメ科アカシア属  常緑小高木
学名 : Acacia baileyana
原産地 : オーストラリア南東部
特徴 : 葉は羽状複葉で、白い粉をかぶっているので銀緑色に見えます。
  葉の付け根に黄色の小さな花が集まって付き
  満開時は黄色のシャワーが降り注いでいるようで、きれいです。
  寒さには少し弱いところがあるようですが、成長が早いこともあり
  温暖な地方では庭木や街路樹などに利用されます。

名前の由来 : 葉っぱが銀緑色に見えるアカシアということから。
  アカシアは学名読み。ギリシア語で「鋭い刺」の意。

メモ=よく似た花を咲かせる仲間に、ギンヨウアカシアより大型の葉を持つ
  フサアカシア(総アカシア)があります。
  こちらは、羽状になっている小葉の数が30~40対と多いのが特徴です。
  ギンヨウアカシアは8~20対程度ですから見分けやすかもしれません。
  ミモザの名前で呼ばれることがありますが
  学名のミモザ(Mimosa pudica)はオジギソウ(お辞儀草)のことです。
  また、単にアカシアと呼ばれる白い花がありますが、それはハリエンジュ(針槐)のことで
  別名をニセアカシア(贋アカシア)ともいいます。



 データなどは2011年3月投稿記事に加筆修正しました。



スポンサーサイト

Posted on 2017/03/15 Wed. 10:43 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« ジンチョウゲ(沈丁花)  |  椿・岩根絞(イワネシボリ) »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △