ノスリ(鵟) 


ノスリ1z


トビに似ていますが、のどの部分が黒褐色をしています。

ノスリ2z


シャッターを数回押したところで逃げられました。
ノスリ3z


ノスリ

分類 : タカ目タカ科   留鳥又は冬鳥
分布 : 日本全土 (南西諸島ではまれな冬鳥だそうです)
生息地 : 開けた農耕地、干拓地、草原、河川敷など
体長(全長) : オス約52cmで、メスはやや大きい
特徴 : ずんぐりした体形で、全体に白っぽい褐色をしたタカの仲間。
  体の上面は褐色で羽の縁は淡色。
  喉(のど)の部分と脇腹は黒褐色。
  杭や木の枝、電柱などに止まり
  ネズミやモグラ、ヘビなど様々な生き物を待ち伏せして捕える。

前の由来 : 野原の上を滑るように飛ぶので「野擦(す)り」が転じたとする説。
  他の鳥の獲物を横取りすることがあるから「野生の掏(す)り」でノスリとする説。

メモ=ある漢和辞典によると、古語の別名に「くそとび」というのがありました。



スポンサーサイト

Posted on 2017/02/17 Fri. 10:42 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« コサギ(小鷺)…1/2  |  ニュウナイスズメ(入内雀) »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-10