タシギ(田鴫) 


タシギ17-1z



タシギ17-2z



タシギ17-4z



タシギ17-3z


タシギ(田鴫 又は 田鷸)

分類 : チドリ目シギ科  本州以南で冬鳥 北日本で旅鳥
分布 : 日本全土
生息地 : 水田、湿地、沼池など
体長(全長) : 約27cm  ヒヨドリくらい
特徴 : 全身は複雑な斑紋模様で覆われ
  体上面は黒褐色味が強く、肩羽の白っぽい連なりが線状になっています。
  枯れ草の中では周囲に溶け込む保護色になっています。
  長い嘴(くちばし)を泥の中に差し込み、ミミズや甲殻類などの小動物を食べる。
名前の由来 : 名前の通り、田んぼで多く見かけるシギということから。

メモ=タシギは北半球の高緯度地帯で繁殖し
  冬はオーストラリアを除く世界各地の暖地に移動するそうです。
  九州中部では春秋の渡りの時期と冬季に見られるので
  旅鳥又は冬鳥になっています。
 ・冬鳥として毎年見かける野鳥ですが
  昼間は湿地に潜んでいるため、見つけるのが大変難しく
  水田などの溝脇を通っていると突然「ジエッ」とか「ジュイッ」と鳴いて飛び立ちます。



 データなどは2015年2月投稿記事からの転載です。




スポンサーサイト

Posted on 2017/02/07 Tue. 11:02 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« マガモ(真鴨)1/2  |  マナヅル(真鶴)…4終 »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △