2017年冬・荒尾干潟の野鳥たち④ アオアシシギ 


アオアシシギ17-1z



アオアシシギ17-2z



アオアシシギ17-3z



アオアシシギ17-4z


2017年冬・荒尾干潟の野鳥たち ④
アオアシシギ(青脚鷸)冬羽

分類 : チドリ目シギ科  旅鳥
分布 : 日本全土
生息地 : 河口、入江の干潟、湖沼など
 数羽、又は十数羽の群れで行動する。
全長 : 約35cm   ハトほどの大きさ
特徴 : 繁殖地と越冬地を行き来する途中、春と秋に立ち寄る。
 夏羽は胸に黒色縦斑模様があるそうですが
 冬羽は全体に灰色っぽくなり、黒い斑紋が目立たないということです。
 嘴(くちばし)は黒色で長く、先端が少し上に反っています。
 足は緑青色~緑褐色をしていて、名前の由来にもなっています。
 雌雄同色。
 ゆっくりしたテンポで「チョーチョーチョー」と 3声鳴きます。

メモ=一昨年12月にこの鳥に出合ったのは、当地の漁港でしたが
 今回は荒尾海岸の干潟でした。
 ハマシギやダイゼンのように冬鳥として長く滞在することはないようです。



 データなどは2015年12月投稿記事に加筆修正しました。




スポンサーサイト

Posted on 2017/01/26 Thu. 10:29 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« ウインターコスモス  |  2017年冬・荒尾干潟の野鳥たち③ ダイゼン »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △