マンドリル (オス) 


マンドリルm1z



マンドリルm3z



マンドリルm4z



マンドリルwmz
メスはオスの半分くらいの大きさで
顔面はオスほど派手ではありません。

マンドリルsz
オスの尻もこのようにきれいな色をしています。
大牟田市動物園にて撮影)

マンドリル (オス)

分類 : 霊長(サル)目オナガザル科
体長 : オス・約80cm  メス・約60cm  尾の長さ : 約8cm
体重 : オス・30kg内外  メス・10kg内外
分布 : 中央アフリカ西部(ガボン、カルーン、コンゴ共和国など)
生息地 : 熱帯雨林、2次林、やぶ地
特徴 : オスはメスの約2倍の大きさ。
  体色は黄褐色または褐色で、腹部は白黄色。
  オスの成獣は、長く赤い鼻に頬は6本の隆起があり青色。
  あご髭は黄色。オスの尻部は青紫色。
  食物は主に植物中心で果実や種子、草、茸などの他
  カエルやトカゲ、昆虫なども食べる雑食性。
  野生での寿命は20~30年、飼育下では30~40年くらいだそうです。
  レッドリストでは絶滅危惧Ⅱ類(VU)に指定。

名前の由来 : マンドリルのマンは「人」で
  ドリルは現地の言葉で「ヒヒ(狒々)」を表しているということです。



スポンサーサイト

Posted on 2017/01/22 Sun. 10:47 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« 2017年冬・荒尾干潟の野鳥たち① ハマシギ  |  マンドリル (メス) »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-10