ハジロカイツブリ(羽白鳰) 


ハジロカイ1z

若鳥の虹彩(=眼の色)は成鳥ほど鮮やかな赤色ではなく
オレンジ色に近いそうです。

ハジロカイ2z



ハジロカイ3z



ハジロカイ4z



ハジロカイ5z


ハジロカイツブリ(羽白鳰 又は 羽白鸊鷉)

分類 : カイツブリ目カイツブリ科  冬鳥
分布 : 九州以北~
生息地 : 海岸 港 河口 海に近い池など
体長(全長) : 約30cm  (カイツブリよりやや大きく、首が長い)
特徴 : 虹彩(=眼の色)の赤いのが目立ち、チャームポイントです。
  黒くて短い嘴はやや上に反っています。
  冬羽の上面は黒褐色、下面は淡灰白色。
  夏羽は顔から首が黒く、目の後方に金栗色の飾り羽が出るそうです。
  カイツブリ同様に、頻繁に水に潜って魚、水生昆虫、甲殻類などを捕食します。

名前の由来 : カイツブリの仲間で、飛翔時に翼上面の一部が白く見えることから。



※ データなどは2013年12月投稿記事からの転載です。



スポンサーサイト

Posted on 2017/01/15 Sun. 10:10 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« カミヤツデ(紙八手)  |  キンカン(金柑) »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-11