ウミアイサ(海秋沙)♀ 


ウミアイサ1z



ウミアイサ3z

↑  ↓  一緒に写っているのはカンムリカイツブリ(冠鳰)です。
体長はカンムリカイツブリとほぼ同じです。

ウミアイサ4z



ウミアイサ2z



ウミアイサ5z
オスがいないかと数日通いましたが
このメス1羽だけしか見つかりませんでした。
こちらの岸には近づいてくれず、遠くからの撮影です。


ウミアイサ(海秋沙)

分類 : カモ目カモ科  冬鳥
分布 : 九州以北~
生息地 : 沿岸 港湾 河口など
体長(全長) : 約55cm  (ハシブトガラスくらい)
特徴 : オスの頭部は光沢のある緑黒色、胸部には褐色の斑紋。
  頭部の後ろに長い羽の束(冠羽=かんう)があり、ぼさぼさしている。
  メスは頭部から首にかけて茶褐色、首から胸にかけては白っぽい。
  オス、メスとも虹彩(目の色)は鮮やかな赤色。
  細く長い嘴はやや上に反り、先端は真っ直ぐ。
  
(カワアイサの先端は鍵状に曲がっている)
名前の由来 : アイサとは、古くは漢字表記の「あきさ(秋沙)」といわれていて
  後に「あいさ」に転化したそうです。
  「秋」はそのまま「秋」であり、「さ」は、「早い」とか「去る」の意味があるそうで
  「秋が去ってから渡来する鳥」という説がありました。
  アイサの仲間には他に「カワアイサ」「ミコアイサ」「コウライアイサ」がいるということです。

メモ=カモ科の仲間ですが、一連の行動はカイツブリに似ていて
  しきりに水中に潜り、浮き上がる場所があっちこっちでした。



 データなどは2013年12月投稿記事からの転載です。




スポンサーサイト

Posted on 2017/01/10 Tue. 10:57 [edit]

CM: 4
TB: --

top △

« カワウ(河鵜)…1  |  オオイヌホオズキ(大犬酸漿) »

コメント

お返事

syouko さんへ
ウミアイサはカモの仲間だそうですが
マガモなどのように個体数は多くないようです。
オスも一緒に見られるとよかったのですが…。

カイツブリは近くの池で見られるので
暇つぶしに撮っているものを
その内に投稿したいと思っています。

トッコス爺 #- | URL | 2017/01/13 10:51 * edit *

こんばんは^^
ウミアイサって初めて聞くかもしれません。
カイツブリもこちらで見るのとはちょっと違います。

でも、カイツブリを見かけると結構見入ってしまって時間が過ぎてしまいます。
可愛いし、どこに顔を出すかワクワクしつつ見てしまうから^^

syouko #- | URL | 2017/01/12 22:07 * edit *

お返事

鍵コメントさんへ
2013年に一度投稿し、その後番(つがい)の2羽が撮れたので
再度投稿しようとしていたら、PCの不具合などがあり、消えてしまいました。
カンムリカイツブリは毎年渡ってきて
遠くからではありますが、こうして撮らせてくれます。
いつの日かオスのウミアイサに出合うことができればと思っています。

トッコス爺 #- | URL | 2017/01/11 21:25 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2017/01/10 16:44 * edit *

top △

コメントの投稿

Secret

top △