ブランコヤドリバエ(赤揚毛虫寄生蝿) 


ブランコヤドリ1z



ブランコヤドリ2z



ブランコヤドリ3z



ブランコヤドリ4z


ブランコヤドリバエ(赤揚毛虫寄生蝿 又は 鞦韆毛虫蝿)

分類 : ハエ(双翅)目ヤドリバエ科
体長 : 10~14mm
分布 : 北海道~四国・九州
特徴 : 胸部は灰黄褐色をして、背面には4本の黒条があります。
  腹部背面は光沢のある黒色をして、各節前縁部には灰褐色をした横帯があり
  腹部背面に剛毛が生えています。
  成虫は果実や動物の糞、死骸などに集まり
  幼虫はガやチョウ類の幼虫に寄生する。

名前の由来 : ブランコケムシ(マイマイガの幼虫)に幼虫が寄生することからという説。
  他に胸部背面の4条をブランコに見立てたという説もありました。

メモ=ブランコケムシとは糸を吐き、木からぶら下がるからだそうです。
 ●このハエによく似たニクバエがいますが
  ニクバエの仲間は、胸部背面の黒い条(すじ)は3本ということです。
 ・名前が間違っていたらご指摘、ご指導のほどお願いします。



スポンサーサイト

Posted on 2016/12/04 Sun. 11:01 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« コダチダリア(木立ダリア)  |  チャノキ(茶の木) »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-08