ヒメエグリバ(姫抉翅) 



エグリバy1z
左が頭部です。

図鑑によると幼虫の食草はアオツヅラフジとありましたが
ノブドウの枝にいるのを見つけました。


エグリバy3z

右が頭部です。

エグリバy4z



エグリバy5z


ヒメエグリバ(姫抉翅)幼虫

分類 : チョウ(鱗翅)目ヤガ科
分布 : 本州~沖縄
幼虫の終齢長 : 60mm前後
成虫の前翅長 : 20mm前後
特徴 : 成虫の前翅は枯れ葉に似た赤褐色の濃淡模様だそうです。
  翅を閉じた状態では
  屋根型をした外縁頂部が抉(えぐ)れたように見えるので
  この姿が名前の由来にもなっているようです。
 ●成虫はブドウやモモ、ナシなどの果実に口吻を刺し入れて吸汁し
  吸われた果実は直ちに変色したり、雑菌によって腐敗しやすくなるそうです。

 ●幼虫はビロード状の黒地に赤、黄、白色斑紋が体の左右に並んでいます。
  食草はツヅラフジ科の植物だそうです。



スポンサーサイト

Posted on 2016/11/29 Tue. 10:00 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« ヒイラギ(柊)  |  ラッキョウ(辣韮) »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-10