ベニシジミ(紅小灰蝶) 


ベニシジミ4z



ベニシジミ44z



ベニシジミ5z



ベニシジミ1z
この1枚だけ9月中旬撮影です。
横に写っているのはハナグモの一種のようです。


ベニシジミ
(紅小灰蝶
 又は 紅蜆)

分類 : チョウ(鱗翅)目シジミチョウ科
分布 : 北海道~四国・九州  
  草地、耕作地、市街地など、開けた明るい場所で普通に見られる。
前翅長 : 16mm内外  開張 : 32mm内外
特徴 : 当地(九州北部)では春先から晩秋まで、ほぼ1年中見られます。
  前翅は表裏とも橙赤色地に黒褐色の斑紋があり
  後翅の表面は黒褐色で、裏面は灰色。
  ときに後翅の表面に青色の斑紋列が現れる個体もあるそうです。
  幼虫の食草はタデ科のギシギシやスイバなど。

名前の由来 : 翅の色が紅色をしているシジミチョウということから。
  
メモ=シジミチョウの種類は多く、中には判別(同定)が難しいものもいますが
  ベニシジミには近似種が存在しないということで
  見誤ることがほとんどない美しいチョウです。
  ただし、春と秋に出現する個体は明るいオレンジ色をしていますが
  夏型は黒い部分が多くなり、全体が黒っぽくなるようです。



 データなどは2011年6月投稿記事に加筆修正しました。



スポンサーサイト

Posted on 2016/11/26 Sat. 10:55 [edit]

CM: 2
TB: --

top △

« ミゾソバ(溝蕎麦)  |  トックリバチ(徳利蜂) »

コメント

お返事

翔子さんへ
おほめのコメント有り難うございます。

何かと誤魔化しながらの投稿なんですよ。

トッコス爺 #- | URL | 2016/11/27 00:40 * edit *

おっ!綺麗な色ですねぇ^^
さすがトッコスさん  ピンとぴったり!

翔子 #- | URL | 2016/11/26 18:58 * edit *

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-08