ダンギク(段菊) 


ダンギク1z



ダンギク2z



ダンギク3z



ダンギク4z
切り戻し後の2番花だったので、段々に咲いている姿は見られませんでした。


ダンギク(段菊)
栽培種

分類 : クマツヅラ(シソ)科カリガネソウ属  半耐寒性多年草
学名 : Caryopteris incana
分布 : 九州北西部及び南九州
  陽当たりのいい草地、岩場の斜面に群生。
特徴 : 全体に柔らかい毛があり
  茎は直立し草丈30~70cm。
  葉は長い卵形で先は尖り、縁にぎざぎざ(鋸歯)。
  長さ25~60mm、幅15~30mm。
  花は葉の腋に短い軸を出し、多数かたまって輪生状に付きます。
  花径は約7mmで5つに分かれ、下の1枚は大きく、縁は細かく裂けます。
  オシベとメシベは花弁から突き出ます。

名前の由来 : 対生する葉の腋に花が段々に付き
  葉がキク(菊)の葉に似ていることから。




スポンサーサイト

Posted on 2016/11/20 Sun. 10:52 [edit]

CM: --
TB: --

top △

2017-07