ナナホシテントウ(七星天道虫) 


テントウムシ71z

黒い斑紋は片翅に四つありますが
翅を閉じていると前方内側の斑紋は左右が重なり
上から見ると七つ星のように見えます。

テントウムシ72z



テントウムシ73z
アブラムシを捕食しています。


テントウムシ75z


ナナホシテントウ(七星天道虫 又は 七星瓢虫)

分類 : 甲虫(鞘翅)目テントウムシ科
体長 : 8mm 内外
分布 : 日本全土
  草原 畑 庭 公園などで普通に見られるテントウムシ。
特徴 : 体は円形で、光沢のある橙黄色をしていて
  触角、頭部、胸部背と上翅(前翅)斑紋が黒色。
  幼虫、成虫ともアブラムシ類を捕食します。

名前の由来 : 上翅(前翅)に黒い斑紋が七つあるテントウムシということから。



 次回は別のテントウムシを投稿します。


スポンサーサイト

Posted on 2016/11/12 Sat. 10:29 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« ダンダラテントウ(段だら天道虫)  |  キヅタ(木蔦) »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-08