サワフジバカマ(沢藤袴) 


フジバカマp2z



フジバカマp1z



フジバカマp3z



フジバカマw1z



フジバカマw2z


サワフジバカマ
(沢藤袴)

流通名・フジバカマ

分類 : キク科フジバカマ属  多年草
学名 : Eupatorium × arakianum
原産地 : 東アジア
特徴 : 草丈50~100cm。
  茎は赤みを帯びる。
  葉の付け根から深く3裂し、葉の縁はよく揃ったぎざぎざ(鋸歯)。
  茎先の頭花は密に付き、赤紫色(白色もあり)。
  繁殖力が強く、野草化していることもあるそうです。
名前の由来 : フジバカマの由来は、不明とされている図鑑と
  筒状で藤色をしている花を、袴を穿(はい)いているように見立てたという説。
  しかし、自生種の花は薄い青白色もしくは淡紅紫色。
  サワフジバカマについては分かりませんでした。

メモ=フジバカマの名前で流通し、庭などで栽培されている花のほとんどは
  東アジア原種のサワヒヨドリ(沢鵯)と
  東アジア原種のフジバカマの交雑種を園芸化した
  このサワフジバカマだそうです。

 ●秋の七草として昔から親しまれている自生のフジバカマは
  園芸種に比べると大型で
  草丈は150~200cm、葉はやや暗緑色をして、縁は不規則に切れ込む。
  花はまばらにつき、ごく薄い青白色で、見栄えはしないそうです。
  野生種は、花が咲く前に川の土手などの草刈りがされ
  次第に姿を消しているようです。(福岡県は絶滅)
  ある図鑑には「自生種を見るのは極めて少ない」と書かれていました。
 ・環境省カテゴリでは「準絶滅危惧(NT)」


 データなどは2010年11月投稿記事に加筆修正しました。


スポンサーサイト

Posted on 2016/11/10 Thu. 10:35 [edit]

CM: 2
TB: --

top △

« キヅタ(木蔦)  |  センニチコウ(千日紅) »

コメント

お返事

nonohana626さんへ
ご訪問、コメントを有り難うございます。

トッコス爺 #- | URL | 2016/11/11 20:57 * edit *

サワフジバカマ

すてきなお花ですねえ。

こういう風に撮っていただくと、なんとも美しい!!!

nonohana626 #- | URL | 2016/11/10 18:30 * edit *

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-10