バリケン(蕃鴨) 



「荒尾こすもすの里」の横を流れている農業用水路に
アイガモ(合鴨)などと一緒に飼われていたバリケンです。
掲示板には「フランスガモ」と表示されていました。


バリケン1z



バリケン2z



バリケン3z



バリケン4z
不自然かとは思いましたが顔の部分だけ
フォトギャラリー(ソフト)を使い
おぼつかないマウス操作で網目を除去してみました。


バリケン(蕃鴨)
フランスガモ(仏蘭西鴨)
タイワンアヒル(台湾家鴨)

分類 : カモ目カモ科
原産地 : 南アメリカ
特徴 : 野生種ノバリケン(野蕃鴨)を家禽(かきん)化した鳥。
  体長・オス85cm  メス65cm 
  体重・オス4.5~5kg  メス3.5kg
  メスはオスの半分ほどの大きさだそうです。
  眼の周囲から嘴の基部にかけて赤い皮膚が裸出。
  脚は短く薄橙色。
  羽色は白一色のものから野生種型の紫光沢のある暗緑色
  又は黒白の斑模様など様々だそうです。

名前の由来 : オランダ語のBergeend(山鴨)」から。

メモ=野生種は海岸や内陸の水辺に棲み
  主に樹上で生活しているそうです。
 ・16世紀にスペイン人がヨーロッパに持ち帰り
  家禽化したものということです。
 ・日本には食用家禽として輸入されたものが逃げ出したり
  飼育放棄されたものが野生化しているそうです。
 ・肉量は多いけど肉質が劣るため、アヒル(家鴨)との雑種が作られ
  ドバン(土蕃)と呼ばれるそうです。




スポンサーサイト

Posted on 2016/11/08 Tue. 10:35 [edit]

CM: --
TB: --

top △